文字サイズの変更

交通アクセスお問い合わせ

TEL. 078-221-6221

診療のご案内

HOME >  診療のご案内 >  内科

内科・糖尿病内科

● 診療科の特徴

一般内科疾患の診療に加えて、最近増加傾向にある高血圧症、脂質代謝異常症、肥満症などの生活習慣病への対応を強化しています。
糖尿病内科は専門医により、糖尿病全般に対する理解を深めるため、毎月、糖尿病を基本から理解できる糖尿病教室を開催し、医師と栄養士による個別指導、また症状によってはインスリン自己注射導入を行うなどの教育入院を行なっています。

● 診療内容

一般内科疾患の診療に加え、最近特に増加してきた糖尿病・高血圧症・痛風・骨粗鬆症・ 肥満症などのいわゆる生活習慣病について薬剤師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師などのスタッフがチームで協力して薬の飲み方や作用・副作用などについて、また食事の具体的な方法について総合的に診断、治療していくことに力を入れています。また脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)後遺症に関しては、特に機能回復のためのリハビリテーションが必要であれば入院のうえ行っております。健康状態について気になること、ご心配な事がある方はお気軽にお立ち寄りください。

糖尿病に対する取り組みを見る >

● 医師紹介

理事長 吉田 泰昭
氏名 吉田 泰昭(よしだ やすあき)
詳しく見る >
役職 医療法人財団春日野会 春日野会病院理事長
専門分野 糖尿病・甲状腺疾患
資格 神戸大学医学部卒業(医学博士)
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
 
院長 黒田 祥二
氏名 黒田 祥二(くろだ しょうじ)
役職 院長
専門分野 消化器内科・糖尿病内科・内科
資格

神戸大学医学部卒業(医学博士)
日本糖尿病学会【専門医・指導医】
日本内科学会 認定医
総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本感染症学会専門医
インフェクションコントロールドクター

 
金谷 蔵人
氏名 金谷 蔵人(かなや くらんど)
専門分野 総合診療科
資格 久留米大学卒業(医学博士)
日本静脈学会
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会
日本外科学会
 

消化器内科

● 診療科の特徴

消化器内科は消化器(食道、胃から大腸、肝臓、胆のうなど)疾患を専門に診断・治療を行なっている内科です。
食欲不振、嘔気、胸やけ、便秘・下痢などの胃腸症状が続く場合は胃又は大腸の内視鏡検査を実施しております。

● 診療内容

胃炎、胃潰瘍、胃がん、腸炎、大腸がん、潰瘍性大腸炎などの消化管診断は、胃カメラ・大腸ファイバ-の専門医師が痛みや不快感の少ない方法で行います。また、食事の摂取困難な方のための胃ろうの造設もご相談ください。
肝炎、肝硬変、脂肪肝、胆石症などの肝、胆管系疾患等々については、当院で行えるCT撮影や超音波など画像診断や血液検査による結果をもとに、治療を行います。
当院で治療出来ない場合はすみやかに、最適の医療機関に紹介させていただいております。

● 医師紹介

名誉院長 三好 喬
氏名 三好 喬(みよし たかし)
詳しく見る >
役職 名誉院長
専門分野 消化器内科・内科
資格 兵庫医科大学卒業
日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
 
関川 昭
氏名 関川 昭(せきかわ あきら)
専門分野 消化器内科・内科
資格 神戸大学医学部卒業(医学博士)
日本内科学会 【認定医・専門医・指導医】
日本消化器病学会指導医【専門医・指導医】
日本消化器内視鏡学会 【専門医・指導医】
日本消化管学会 【認定医・専門医】
臨床腫瘍学会専門医
癌治療学会認定医
ヘリコバクターピロリ学会認定医
 
gastroenterology-dr3
和田 謙
氏名 和田 謙(わだ けん)
専門分野 消化器内科・内科
資格

神戸大学医学部卒業(医学博士)
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医

● 内科・糖尿病内科・消化器内科 診療日・診療時間

診療時間 
9:00-12:00 外来1 吉田 黒田 三好 武藤 黒田 三好
外来2 武藤   黒田 吉田 金谷  
13:30-17:30 外来1 黒田 武藤 吉田 和田 三好 黒田
外来2 三好 金谷 金谷 金谷 武藤  

 

禁煙外来

● 特徴

春日野会病院では、Smokerlyzerを使って、患者様の呼気中の一酸化炭素濃度をリアルタイムで測定します。
これは、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質で、酸素より200倍以上もヘモグロビンと結合しやすく、酸素運搬能力を著しく低下させて、酸素欠乏などの危険な状態を招くとされている一酸化炭素濃度を測定して、スモーカーの方の現状を数字でお知らせします。
一般的にノンスモーカーであれば6ppmCO以下ですが、喫煙者の喫煙の度合が増すほど、高い数値や警告シグナルがデジタル表示されます。
医師との問診やカウンセリングの後、禁煙補助剤として飲み薬(チャンピックス)や貼り薬(ニコチネル)を使って禁煙のお手伝いをします。
(健康保険適応)