文字サイズの変更

交通アクセスお問い合わせ

TEL. 078-221-6221

診療のご案内

HOME >  診療のご案内 >  当院の内視鏡検査

当院の内視鏡検査について

――内視鏡検査とは

naishi1

先端に小型カメラを内蔵した太さ1㎝程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道・胃・十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。観察する病変の場所、種類によって方法が異なりますので、検査を受けられる場合には十分に説明を受けていただきたいと思います。

――大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受けるのに患者さまの負担を最小限に、患者さまが安心して受けられるようにしています。検査の前に軽い鎮静剤と痛み止めを注射します。ほとんどの方が半分眠っている感じで検査が終わっています。また、当院では痛みのない検査方法として大腸内の空気を最小限にして観察後は空気を抜きながら検査を終わらすことを心掛けています。これで苦痛を感じなくて検査ができるのです。

――胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は胃痛、胸やけ、胃もたれなどの症状で検査する場合と健康診断で胃の病気の早期発見を目的として治療を行う場合があります。現在3人の専門医が検査を担当しています。

「検査はしんどい」「痛い」などとよく耳にしますが、咽頭麻酔をしっかり効かせていれば大丈夫です。
それでも不安な方やご希望の方には鎮静剤や鎮痛剤を使用することもできます。ゆっくりと眠りに入り目覚めた時には、検査が終わっていて、痛みや苦痛はありません。

また、当院では、より苦痛が緩和できる「経鼻内視鏡」を導入しておりますので、患者さまのご希望と症状に応じて、こちらの手法をご選択頂くことが可能です。

 

経鼻内視鏡について

image001
左から外径10.2mm、8.9mm、5.4mm

image002


従来の経口内視鏡検査は、太さ1センチほどの細長い管と紹介しましたが、経鼻内視鏡では太さ5.4ミリの細い管を使用します。鼻から入れるので、経口内視鏡検査時の咽頭反射(オエッとする反射)の部分に管があたらず楽に検査が受けられます。検査中、会話も可能です。
 

――なぜ今まで鼻からできなかったの?

鼻から挿入するには内視鏡の先端カメラを今より小型化にする必要がありました。小型にすれば画質が落ちていましたが、超小型CCDカメラの開発で従来の内視鏡と変わらない高画質での観察が出来るようになりました。
 

――鼻から入れるのは痛くないの?

多い質問ですが検査前に、鼻の通りをよくする薬を点鼻します。その後、麻酔剤を鼻に入れるので痛みはほとんどありません。鼻から内視鏡を挿入するのもスムーズとなり、検査中の苦痛も少なく、心身共に負担の少ない検査と言われています。