文字サイズの変更

交通アクセスお問い合わせ

TEL. 078-221-6221

HOME >  看護部 >  教育について >  オリエンテーション

教育について

新規採用オリエンテーション

目的

  1. 患者様の看護に支障をきたさないよう、病棟業務内容を正確に申し送り、理解してもらう。
  2. チームの一員として病棟になじみ、協力して業務が行えるようにする。

プログラム

  1. 新規採用者オリエンテーションチェックリスト№1№2に従い、オリエンテーションを行う。(看護部長、看護師長が実施)
  2. 指導担当者が面接を行い、指導計画を立てる。(師長、主任が助言する。)どのチェックリストを使用するか決定する。
  3. 指導担当者は指導計画内容を本人に説明し、目標を決定する。
  4. 指導計画を他の指導看護師に伝える。
    当日の指導看護師は計画に沿って指導し、チェックリストに記載する。
  5. 指導担当者は本人と共に評価し、計画を修正する。(師長、主任が助言する。)

第1段階の到達目標

業務の内容を理解し、指示されてことを確実に実施できる。

  1. 物品の場所、取り扱いができる。
  2. フロアー業務を理解し、実施できる。

    担当患者の検温、処置、記録、報告、夜勤への申し送りができる。

    1. フロアー業務マニュアルの説明を受ける。
    2. 検温、処置、記録、報告、夜勤への申し送りの実際を見学しながら、担当患者の情報収集をする。
    3. 検温、処置、記録、報告、夜勤への申し送りを、助言を受けながら実施できる。
    4. 検温、処置、記録、報告、夜勤への申し送りを一人で実施できる。
  3. 他部門との連携ができる。
    医局・薬局・レントゲン・検査・外来・リハビリ・栄養科・医事科・総務
  4. フリー業務を理解し、実施できる。
    1. フリー業務マニュアルの説明を受ける。
    2. 見学しながら、情報収集をする。
    3. 助言を受けながら実施できる。
    4. 一人で実施できる。
  5. 夜勤業務を理解し、実施できる。
    1. 夜勤業務マニュアルの説明をうける。
    2. 助言を受けながら実施できる。
    3. 一人で実施できる。

第2段階の到達目標

委員会、係りの役割を理解し、参加できる。

  1. 師長、主任より内容の説明をうける。
  2. 委員会、係りを決定する。
  3. 各担当者より指導を受けて実施できる。
  4. 役割を理解し、参加できる。

第3段階の到達目標

受け持ち患者の看護計画立案、実施、評価ができる。

  1. 入院時の看護が実施できる。

    (入院カルテの作成 アナムネ聴取 入院時オリエンテーション)

    1. 助言を受けながら実施する。
    2. 一人で実施できる。
  2. 受け持ち患者の看護計画立案、実施、評価(中間サマリー)ができる。
    1. 助言を受けながら実施する。
    2. 一人で実施できる。
  3. 退院時の看護が実施できる。

    (退院指導ができる。退院時サマリーが作成できる。)

    1. 助言を受けながら実施する。
    2. 一人で実施できる。

第4段階の到達目標

フロアーの担当患者の看護計画に沿った看護が実施でき、問題点の把握ができる。
ケースカンファレンスで発言することができる。

第5段階の到達目標

病棟全体の患者把握ができる。
急変時の対応ができる。
他のスタッフの業務内容が把握でき、手伝うことができる。

第6段階の到達目標

リーダー業務を理解し、実施できる。

第7段階の到達目標

新規採用者の指導計画立案、指導ができる。

 

目標管理 新規採用オリエンテーション