文字サイズの変更

交通アクセスお問い合わせ

TEL. 078-221-6221

HOME >  看護部 >  教育について >  目標管理

教育について

目標管理

看護職員自身が自分を成長させるために自主的・積極的に努力し、その成果が組織の業務に活かされるように支援していく。

  1. 看護部長は年間看護部目標を年度末に立案し、部署内に伝達・掲示し、目標達成に向けて部署全体で取り組む。
  2. 病棟・外来目標は、それぞれスタッフ全員で話し合い年度末に立案し、部署内に伝達・掲示し、目標達成に向けて部署全体で取り組む。
  3. 業務の個人目標は、目標管理シート(別紙)を使用し、上司の助言を受け、上期・下期で立案し、個人目標達成に取り組む。
  4. 上司は部下の潜在能力を発揮させ、目標の達成に向けて環境を整え、自己実現できるよう励まし支援する。
  5. 目標達成の時期、評価方法については、双方の話し合いにより決定する。
  6. 個々の目標が達成されたかどうかを確認しながら行い、達成できていなければ何ができていないのか、どうしてできていないのかをチェックし、修正しながら目標達成に近づいていく。
  7. 師長・主任は現場のスタッフに裁量権を与え、それが適切に行使されるように一人ひとりを力づけ、援助する。
  8. 組織の方向性を示し、管理者自身の病院組織における目標や与えられた使命にについてスタッフに伝える。
  9. 一人ひとりが自主的に行動し、目的意識を持って行動できるように促す。
 
目標管理 新規採用オリエンテーション