文字サイズの変更

交通アクセスお問い合わせ

TEL. 078-221-6221

診療のご案内

HOME >  診療のご案内 >  糖尿病の基礎知識

糖尿病の基礎知識

● 吉田理事長の話

糖尿病と診断された人やその予備軍といわれる人の数は確実に増えています。その総数は前回の調査から340万人増加し、計2210万人と推計されると発表されました。「自分は全然関係ない!」と言い切ってしまうことはできません。

特に高齢者の予備軍の増加が目立ち、厚生労働省では「食生活改善や運動などの啓発を強化する必要がある」としています。

糖尿病の人でも、半数は治療を受けていません。糖尿病は初期には症状がほとんどなく、放置しておくと徐々に進行し、全身にさまざまな合併症を引き起こします。患者様には糖尿病を正しく理解し、早期から正しい治療を受けて、合併症を防いでいただくことが最も大切なことです。

 そこで、できる限り長く健康な人と同じ日常生活を過ごすことを可能にする方策を学んでいただく為に、当院では「糖尿病教室」を開催しております。必要な知識や最新の情報を学んでいただき、自己管理に意欲がわいてくるように、専門スタッフがお手伝いさせていただきます。

糖尿病でお悩みの方やご家族の方、糖尿病に関心のある方を対象にご参加をお待ちしております。

● 糖尿病の基礎知識

糖尿病は太った人がなりやすいと思われがちですが、必ずしもそうではないのです。糖尿病には2つのタイプがあります。小児や若年者に多いインスリン依存型の1型糖尿病と、食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足、ストレスといった生活習慣と遺伝的要因により発病する2型糖尿病です。

1型は急激に、2型は徐々に血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が以上に高くなってきます。糖尿病は、尿検査だけでは診断できません。必ず医療機関で必要な検査を受けましょう。